To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

今の芸人は稼げない?カズレーザー、トレンディエンジェルの最高月収が180、300万円で桁が違う

芸能人になるメリットの一つが、お金稼ぎだと思いますが、よく芸人さんがお金を稼いでいるというキーワードで会話をすることがあると思います。 

 

芸人になる理由の一つとして、お金が稼げるというものがあると思いますが、実際、今の芸人さんはどれくら稼げているのでしょうかという、下世話なニュース記事が書かれていたので、紹介します。

 

こちら。

www.excite.co.jp

 

記事によると、今の芸人さんは10年間で10分の1に減少しているそうです。

 

一攫千金を狙おうと若者たちが挑戦する芸人業界。ダウンタウンとんねるずウッチャンナンチャンなどの大物芸人に憧れて、芸人人口は年々上昇。飽和状態となっているが、今から約10年前と比べると、ブレイク若手芸人の月収は10分の1に減少している。

 2003年~2008年頃のお笑い界は空前のネタブームが到来。そのブームを牽引したのが日本テレビエンタの神様」やテレビ朝日笑いの金メダル」。同番組に出演した芸人は次々と大ブレイクし、彼らのネタは世間一般にも広く知れ渡った。近年では、芸人たちが全盛期を振り返り、テレビ番組で最高月収を暴露している。

 

なんと、波田陽区は月収2800万円も稼げていたそうです。今は、福岡のローカル番組によく出演していますが、今の収入は激減しているでしょうね。とは言え、一般サラリーマンよりは圧倒的に給料がいいとは思いますが。

 “ギター侍”の波田陽区は月収2800万円、「フォ~!」で一世を風靡したレイザーラモンHGは月収1200万円、パラパラネタでギャル層から支持を得た長州小力は月収2000万円、自虐ネタのヒロシは月収4000万円、「そんなの関係ねぇ!」で話題となった小島よしおは月収1300万円。

 芸人たちの稼ぎで、特に凄まじいほどの利益を出していたのが、着ボイス。レイザーラモンHGは、着ボイスの印税だけで500万ほどの収入があったという。

 

しかし、ヒロシの最高月収4000万円ってもらいすぎですよね。続いて、今の芸人です。

一方、ここ数年でブレイクした芸人を見てみると、メイプル超合金のカズレーザーは月収180万円、トレンディエンジェルの斎藤司は月収300万円、とにかく明るい安村は180万円。今現在、過去の着ボイスの位置付けにされているのは、LINEスタンプだろう。いずれの芸人も公式LINEスタンプを販売しているが、実際LINEスタンプではあまり儲けがないというが現状。

 実に10年ほど前と比べると、月収が1桁違うことがよくわかる。お笑い業界もなかなか厳しい現実を迎えているようだ。

 

なんと、最高月収がトレンディエンジェルの斎藤司は月収300万円とのことで、4000万円と比較すると、全然、稼げなくなっていますね。まぁ、十分すごい給料ではありますけど。ここまで下がると、頑張って芸人になりたいという人も減るのではないでしょうか。