To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

ピース綾部の衝撃会見!4月からアメリカ ニューヨーク拠点に活動

芸能人って色んな人がいるな~と思いますが、先ほど、衝撃的なニュースを発見しました。というのが、ピース綾部の衝撃会見ニュースで、なんと4月からアメリカ ニューヨーク拠点に活動するそうです。

 

ピースと言えば、相方の又吉直樹の小説が爆発的なヒットをして、収入格差とか言われていたんですが、元々彼はハリウッドに興味があったそうで、昔からこういった発言をしていたそうです。

 

ちなみに、アメリカにはコネがないそうですが、コメディアンとして勝負するそうですが、アメリカって分かりやすいお笑いが求められますから、どうなんでしょうかね。

 

情報元はこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

お笑いコンビ、ピースの綾部祐二(38)が8日、都内で今後についての緊急記者会見を行い、来年4月から米国ニューヨークを拠点に活動することを明らかにした。ピースは解散しない。

 相方の又吉直樹(36)には6月ぐらいに意向を伝え「いいんちゃう?」と了解されたという。“活動休止”という意識はないが、頻繁に帰国して活動する方針でもないとのこと。「ピース」としての今後の方針については明言を避けた。

 8日のイベント後に行われた会見で綾部は「結構前から決めてまして。どうしても行ってみたいなという思いが強くて。来年40になるんですけど、米国に行って勝負したいなと」と決意に至った理由を説明。ピースは相方の又吉直樹(36)が芥川賞を受賞し“コンビ内格差”が話題となったが「自分はそのままでいいのか、というのが強くなった」と、決断の理由の一つになったという。

日本でここまで売れているんだから、敢えてアメリカに行く必要はないと思うんですけどね。しかも、お笑いで勝負するのは中々大変なじゃないかな~というのが印象です。 

 

英語はまったくできないという綾部。「単語がCのところまでいっていて」というレベルで、文法もまったくだとか。学校に入るかどうかもまだ決めていないが「2年3年かけて英語を取得して。コメディアンとして行って、最終的はハリウッドスターになって1回でいいからレッドカーペットを歩きたい」と野望を明かした。「アメリカでビッグになって帰ってくる、ということです」とざっくりとした目標を語った。

 

ちなみに、このビッグになって帰ってくるという発言ですが、以前、吉田栄作も同じような事を言っていましたが、アメリカに言ってビッグになって戻ってきた人っていましたっけ?

 

まぁ、アメリカにいって返ってきた芸人には「なかやまきんに君」がいますが、今、全然観ないですからね。

natalie.mu

 

「東京大マラソン祭り」は、同日開催された「東京マラソン2014」のランナーを応援するため、音楽演奏やダンスなど数々のパフォーマンスが行われたイベント。2人は、昨年2013年に現役を引退した元体操選手の田中理恵、元バレーボール選手の大山加奈、トランポリン日本代表の上山容弘選手と外村哲也選手の4名とともに、オリンピックや海外などをテーマにトークを展開した。

 

田中理恵らが海外で行った東京オリンピック招致活動の話から、きんに君もアメリカでの“筋肉留学”の体験談を披露。英語のLとRの発音の違いを示すため「アーノルド・シュワルツェネッガー」とゆっくりつぶやいて見せると、選手たち4名もたまらず吹き出す。オリンピックで緊張したという彼らの話には、ヒデが「とんでもない重圧と戦ってらっしゃるんですね!」と驚愕。さらに「うちの相方は42歳で未だにスタジオで緊張する」とワッキーの話題を出して観客の笑いを誘った。

 

せっかく今売れているんだから、もったいないと思ってしまいますが、結果がでればいいですね。