To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

ホリエモンが語るネオヒルズ族だった与沢翼の実像と今の彼

ネオヒルズ族って言葉懐かしくないですか?

 

ネットビジネスで稼ぎまくっていた人、そして、それにあやかりたかった人。今は正直、ネットビジネスが下火です。

 

なぜなら、、、稼げる方法って、目新しいものがないからです。というか、ネットビジネス自体、もう、当たり前のもので、後は、自分が何をチョイスするかの時代になっています。

 

物販でもいいし、ブロガーでもいいし。なんでもいいです。単純に情熱を注げるかどうかです。

 

そして、今は、当時ほど、ネットビジネスは稼げなくなっていると思います。それは、フィッシング詐欺に騙されない人が増えたのと同じです。安易にネットビジネスで稼げない事を知ったからです。

 

ただ、情報弱者はゼロにはならないので、まだまだ稼げると思いますが。さて、ネオヒルズ族と言えば、与沢翼氏。

 

私の同僚は、豚野郎とののしっていましたが、そう言っていた同僚も太っていました。単に羨ましかっただけだと思いますが、与沢翼氏について、ホリエモンが語っている記事があります。

 

ちなみに、、、彼は秒速で稼ぐ男でした。

今、どうなっているかは後程で、、、

 

news.livedoor.com

 

ホリエモンが冷静に与沢氏を語っています。 

「彼が展開したのは、カネを儲けるノウハウを売って儲けるという『プロダクトローンチ』と呼ばれる商法の一つ。目先の欲に目が眩んでいる人たちからカネを巻き上げる手口としてはまあまあ効率的で、あれはあれで画期的だった。だが、肝心なところで自分自身が目先の欲に目が眩み、見切りのタイミングを完全に逃して破滅したのではないでしょうか」

 

ホリエモン自体は、彼に興味がないとあります。というか、周りが勝手に後継者だと言っていましたが、そもそも、ビジネスモデルが全然違いますからね。

「彼自身は『堀江貴文の影響を受けている』と公言していたが、私は彼に全く興味を持てなかった。一方的に尊敬されているらしいのは伝わっていたが、マスコミに『与沢さんは堀江さんの後継者ですね』と言われるのは本当に不愉快だった。彼のやっていたビジネスの先に私はいない。よく誤解されるが、私はカネ儲けを目的に仕事したことは一度もないからだ」

 

ちょっとここで、何気に名言があります。金稼ぎは否定しないけど、楽して稼げる事は面白くないとのこと。

「私はカネ儲け自体を否定しているわけではない。カネを得ることの意義をしっかり見据えて働いてほしいだけだ。ラクして稼げるビジネスほどつまらないものはない。私も多くの事業を手掛けているが、稼ぎのいい事業はやはり苦労も手間もかかっている。苦労と手間を投じた事業がガンガン稼げるようになると、これほど面白いものはない」

 堀江氏はここ数年、違う意味でカネに狂う「与沢翼氏的な若者」がまた増えていると実感している。だが、「何の苦労もせずに儲けられる仕事はないし、仮に儲けられたとしても、充実感を得られることはないだろう」と補足する。ビジネスとしての成功を長続きさせるためには、「やりたいことをやること」が肝心なのだという。

 

実は、これがたいせつなことなんですよね。楽して稼げるものは、誰でも真似が出来て、飽和しやすい。しかし、時間をかけて育てたビジネスは簡単に真似ができない。

 

しかし、これまで情報弱者を狙ったビジネスって、たいてい、楽して稼げるなんですよ。つまり、、、答えは分かりますよね。

 

後、与沢氏についてですが、彼は確かに今やメディアにも出なくなりましたが、しっかりと資産を残し、シンガポールで優雅にくらしていますよ。

 

しかも、一応名前とリストがあるから、未だに情報弱者を狙ってメールしてきますからね。

 

私のメールにも、彼のメールが毎日届きます。解除しても、また届きます。彼はそうやって小金を稼ぎながら、新しいビジネスをして、また儲けるでしょう。

 

ホリエモンもそうですが、一度、ある程度のレベルに達した人は、また、稼ぐのはそれほど難しくないと思います。なので、高みを目指すことは決して悪い事ではありません。