To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

モチベーションが低い、やる気がない社員の存在は組織に悪影響を与えます

f:id:reallife2000:20160924161418j:plain

あくまで個人的に意見ですが、会社においてやる気のない社員はさっさとクビにすべきです。特に、チームワークを必要とする仕事ならなおさらです。

 

ちょっと過激な言い方ですが、ここで言うやる気のない人というのは、将来的に改善しそうにない人を指します。例えば、スキルがないとか、経験がないとかは別です。今は、仕事ができなくても、経験を積めばいいだけの話ですから。

 

後、性格がクールで情熱的ではない人も、実は、別の才能がある場合もあります。その為、人格で判断する訳ではありません。あくまで、仕事に対してやる気がない人です。そんな人いるの?と思われるかもしれませんが、実際に何度か出会った事があります。


私の仕事はインフラエンジニアですが、多くの仕事はチームで行動します。その場合、メンバー1人のやる気のなさが、大きなマイナスになる事があります。


そして、やる気がない社員の特性として以下のようなものが挙げられます。

 

・責任感がない
・目の前の大変な仕事から逃げ出す
・メンバーを助けようとしない
・責任転嫁する
・やる気がない
・素直に人の話を聞けない
・同じ過ちを繰り返す
・イージーミスが多い
・成長しない


言い出したらきりがないのですが、やる気のない社員は組織において弊害しかありません。その為、可能な限り早く、クビにしたほうがいいのです。

 

やる気のない部下がもたらす悪影響とは?

 

長く働かせている間、会社や組織に悪影響を与えます。そして、ダメな上司はそういった部下を放置しておきます。結果、同じ組織内の他のメンバーに負荷が増え、メンバーの愚痴が増えるようになります。


そういった拗らせた部下を放置しておくと、いつか大きなミスやトラブルを引き起こす場合があります。そして、その一つのトラブルが信用を大きく失う事にもつながります。


以前、私が勤めていた派遣会社で、某メーカーに勤務していた人がいたのですが、自分の能力を超えていたのか、システム構築中に逃げ出したそうです。


さて、これは誰が悪いのか。それは、逃げ出した本人が一番悪いですが、次に悪いのは会社です。よく、派遣会社は売上第一主義で、スキルに似合わない仕事を振る事があります。


今回の例がまさにその典型です。


しかし、考えてほしいのですが、そんな状態になるまで放置したのはどうなのかとも思います。少なくとも、人が逃げ出すって相当の覚悟が必要です。それをさせたのは、会社が悪いのです。

 

上司や先輩は組織をしっかりと管理・フォローすべき

 

もっと細かく言えば、その組織の長が悪いのです。管理が全然できていない証拠ですよね。


後、これから少子高齢化に向かって、働く人の平均年齢は上がっていきます。その中で、年齢が上がると、それなりに仕事がしにくくなる業種ってあると思います。


その為、今このタイミングから組織、メンバーを育てる仕組みを作った方がいいです。今、すでにその兆候が出ていますが、若い人は嫌になったらすぐに会社を辞めます。


なぜなら、若い人が貴重な時代になってくるので、次の仕事なんてすぐに見つかります。ブラック企業なんかで働きたくないというのが心情です。


ブラックまではいかなくても、グレーな会社や組織って山ほどいます。そんなグレーな会社作りをしていると、結果的に、無能な社員ばかり残る事になります。


なぜ、優秀な人が中小企業からいなくなるのかというと、その企業がブラックであるか、もしくは、給与が安すぎるという事です。


大手企業の場合、給与システムがガシガシに縛られている事が多いですが、中小企業は能力主義にした方が伸びると思いますね。


特に中小企業の方が、風通しがいい場合もあるので、そこの特性を生かした方が社員は伸びると思います。


人材の不足が予想されるこれからの日本。以下に人材を見出し、育てていくかが重要になります。少なくとも、長くいるからとダメ社員をリーダーにするのは絶対に止めましょう。


やる気のある社員がモチベーションが下がっていなくなります。ダメ社員はいくら年齢が高くてもリーダーにしてはダメです。


という事で、会社や組織で、年齢だけでリーダーを決めている場合は、一度、リーダー職が適性かどうかしっかりと確認しましょう。