To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

インディアン・ペールエール インドの青鬼 苦みのあるビールが好きな方にオススメ

昨年末くらいから色んなビールを購入してどれが美味しいのか試しているんですが、強烈なインパクトを残して興味をそそっていたビールをようやく購入する事にしました。


そのビールとは、「インドの青鬼」です。


名前もインパクトがありますが、パッケージも中々怖い感じのイメージがありませんか?ちなみに、購入して飲んでいたら、娘がこの顔を怖がってしまいました。


エールビールの本場・英国の麦芽と米国の最高級アロマホップを大量に使用した、アルコール度数の高い、苦みのきいた高アルコールビールです。なんと、アルコール度数は7%!


インディアンペールエールの歴史は、大航海時代の18世紀末にさかのぼります。英国からインドまでの長い輸送に耐えられるようにアルコール度数を高め、さらに劣化防止効果のあるホップを大量に投入。その結果、苦みが際立つビールとして誕生したそうです。


色んなお店で売っていますが、レビューをチェックすると、苦みがたまらないとか、割と評価はいいので、これは飲まないと、、、と思い購入しました。

 

ホップをズドーンと味わうのだ!
こりゃ『芳醇苦口』って感じですね。ホップ使用量が通常の2倍以上だそうです。口に入れると、ペールエールらしい香り高さを感じます・・・・とその瞬間、ズーン、と強ーい苦味が!

缶の裏側に、"魔の味" を知ってしまった熱狂的ビールファンの為のビール、とありますが、成る程上手いこと言いますねぇ。

最初の2〜3本は普通に冷蔵庫で冷やして飲んだのですが、なんとなく物足りなさを感じまして。
で、次からは野菜庫に保管して、取り出してからゆっくり時間かけて飲んでみました。
すると、やや温度が上がってきたぐらいの時に、香りも苦味も "ドヒャ〜ン" と来る感じです。よく知らなかったのですが、専門家曰く12℃がベストだそうで。旨くて苦〜いビールが飲みたい方に。

 

そして、購入したインドの青鬼です。ゲゲゲの鬼太郎を思い出しませんか?子供の頃によく見た水木しげる妖怪ワールド前回の外観。

f:id:reallife2000:20160925091759j:plain


アルコール度数7%のビールって初めてですね。

f:id:reallife2000:20160925091807j:plain


そして、早速飲んでみました。

f:id:reallife2000:20160925091817j:plain


まずは、香りから。うーん、なんかすごく刺激的な香りが広がります。しかし、かなり癖がありますね。

f:id:reallife2000:20160925091825j:plain


そして、いざ飲んでみたのですが、うーん、これは何だろう、すごく苦手な苦みです。


イメージはビールが飲めない子供の時に、初めてビールを口にしてこんな苦いものよく大人は飲めるな!と思った時の感覚に近いかもしれません。


すごく苦手な感じの苦みが口の中に広がります。そして、当然の如く後味もよくない。


人によって味の好みもあるから、嫁に飲んでもらいましたが、やっぱり苦手な味との事。うーん、苦みがあるのは確かにですが、ちょっとこれは好みがはっきり分かれるんじゃないかな。


正直、全部飲むのに頑張りが必要でした。鼻をつまんで飲んだら、わりと飲めたので、やっぱりこの香りが強烈すぎる事が問題なのかもしれません。


昨年から、色んなビールを飲んできましたが、このインディアン・ペールエール インドの青鬼は過去ワーストですね。


ちなみに、一番飲みやすくてフルーティーで美味しかったのがよなよなエール 水曜日のネコです。

 

このビールを購入しようと思ったのが、まず、パッケージの猫が可愛い事です。これ、女の人も好きなデザインなんじゃないでしょうか。


一瞬、ビールじゃなくてカクテル?と思うようなデザイン。これが新鮮でいいですね。そして、味も青りんごのような香りとあり、すごく興味が湧きました。


そして、こちらが購入したよなよなエール 水曜日のネコです。

飲んだ感想ですが、まず香りが甘いです。フルーティな感じです。そして味もすごく飲みやすい。変な癖もなく、変な苦みもない。これは本当に美味しいですね~。


今年飲んだ中でも一番飲みやすくて美味しいです。特にビールが苦手な方や女性にもお勧めのビールです。


しかし、ビールを飲み比べて思いましたが、各社味が全然違いますね。すごく美味しいものもあれば、今回のように我慢しながら飲むようなビールもある。


もちろん、好みもあるので、この苦みがたまらないという人もいるでしょう。という事で、やっぱりビールは苦みだ!という人は意外と美味しいじゃん!という事になるかもしれませんので、トライしてみるといいかも。


インディアン・ペールエール インドの青鬼。パッケージと一緒でビールもかなり個性的なビールでした。