To Live A Free Life

自由な生活をする為に、ブログを活用して副業で少しでも快適な生活を手に入れる為の情報発信ブログ!

最終200巻が「こち亀」の最高売上部数!単行本が食堂にあると喜ばれる理由

こち亀がついに終わりましたね~。物事には常に始まりとおわりがありますが、ちょっとさびしい気がします。

 

ちなみに、こち亀ってサラリーマンに未だに人気があるんですが、食堂とかにあると嬉しいそうです。それは、シリーズものではない為、食事をしていて、一話毎に読み終えることができるからだそうです。

 

確かに近所の食堂にジョジョがあるんですが、毎回使う訳じゃないし、読み切れずに終わる事が多いんですよね。そう考えると、確かにこち亀って一話完結型だから読みやすかったかも。

 

確かに納得ですね。

 

そして、この最終200巻が「こち亀」の最高売上部数を叩き出したそうです。

情報元はこちらです。

news.livedoor.com

 

9月17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)と、同時発売のコミックに掲載された最終回で大団円を迎えた国民的人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)の最終200巻に、これまでの連載で登場した350人超のキャラクターブック「こち亀調書」を同梱した「こちら葛飾区亀有公園前派出所200 40周年記念特装版」(秋本治集英社)が、今週発表の最新9月26日付けオリコン週間“本”ランキング(集計期間:9月12日~18日)のコミック部門で2位にランクインした(週間20.7万部)。

 

1976年の連載開始より、40年にわたり世代を問わずに愛され続けてきた「こち亀」。オリコンが2008年より発表・集計を開始したこのランキングにおけるコミック部門最高位は173巻の9位、最高売上作品(巻)は164巻の累積12.1万部だったが、そのラストを飾る今作200巻は、作品の存在感を改めて気づかせるかのように、同作最高の順位と売上部数をともに記録。

 

最後の話が一番売れたというのはなんかうれしいですね。しかし、40周年って本当にすごい。自分の人生よりも長い間、こち亀は続いていたんですね。本当にお疲れ様でした。

 

また、本作と同様にコラボ漫画が人気があるそうです。

 

こち亀」と「おそ松さん」「ガールズ&パンツァー」など6つの人気作品によるコラボが実現した「VS.こち亀こちら葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー」(集英社/9月17日発売)も28位(週間0.8万部)だそうです。

 

ちなみに、、、かなり豪華なコラボです。

 

【内容紹介】
40周年記念&コミックス200巻発売を記念して『こち亀』と6つのタイトルがクロスオーバー! !
こち亀』の登場人物たちと今回限り、前代未聞のコラボレーションだ! !

■コラボタイトル■
おそ松さん
原作:赤塚不二夫 監修:おそ松さん制作委員会 小説:石原宙 扉イラスト:浅野直之
童貞6兄弟が不良警官と合コンにいく! ?

魔術士オーフェン」 シリーズ
小説:秋田禎信 イラスト:草河 遊也
両津勘吉は、ファンタジー世界に転生した。この世界の住人から『オーフェン』という男と間違えられているようなのだが…。

「チア男子! ! 」
小説:朝井リョウ イラスト:近藤憲一
男子チアのメンバーは憂鬱な表情をした少女・檸檬の笑顔を取り戻すため、チアリーディングをする! !

「ガールズ&パンツァー」
原作:ガールズ&パンツァー製作委員会。 小説:岡田邦彦 原画:杉本功
茨城県大洗、女子高生と両さんが戦車で対決! !

ハルチカ」シリーズ
小説:初野晴 イラスト:山中ヒコ
東京にやってきたハルタとチカは、妙な警官と不思議な事件に遭遇する。

謎解きはディナーのあとで」シリーズ
小説:東川篤哉 イラスト:中村佑介
亀有公園前で事件発生! ? 消えた拳銃の謎に、両津巡査と『2人の』麗子、ドSな執事が挑む! !

 

個人的に好きなジャンプ漫画は後、ワンピースとトリコだけになってしまいました。この二つが終ったらさすがにジャンプも読まなくなるかな。